12日に「防災・減災ハッカソン」を併催します。

防災・減災ハッカソンとは?

アンカンファレンスが行われる12日、Hack for Japan 主催による防災・減災ハッカソンが同じ会場で行われます。

防災・減災ハッカソンは、今後も起こりえるであろう災害に対して、ITで何ができるのかを考え、実際にアプリやサービスに結びつける試みです。

東日本大震災をきっかけにして、防災や減災に大きな注目が集まっています。

震災だけでなく、最近でも8月の広島土砂災害や2月の雪害などが発生し、その都度、防災・減災への意識や必要性が高まっています。

会津若松に有志の方によりサテライト会場も用意されました。

防災・減災ハッカソン(サテライト会津)

 

アイデアディスカッション(アイデアソン)

開催日当日もアイデアを議論しますが、その前から、防災・減災に関心ある方からのアイデアを募ります。

Facebookグループ

今回のハッカソンでのアイデア議論用にFacebookグループを用意しました。

参加予定者や当日は参加できないけれども関心のある方にも議論いただけます。

アイデアのみを提案する方ともFacebookを通じてつながることで、開発に際してさらに詳しい情報を得ることも可能です。

開催概要

  • 日時:10/12(日)10:00〜18:00
  • 場所:東京大学駒場リサーチキャンパスAn棟2F
  • 費用:無料
  • 主催:Hack For Japan
  • 共催:一般社団法人コード・フォー・ジャパン、東京大学空間情報科学研究センター

ハッカソンの進め方

  1. 概要説明
  2. アイデアピッチ(すでにアイデアを持ってきた人からの説明。仲間を募りたい人はここで行う)
  3. チーム分け(チームを組みたい人のみ)
  4. ハック
  5. 成果発表

詳しくはこちらへ